季節のおすすめ!
旬なフルーツ

Seasonal recommendation

水信オンラインショップの取り扱い商品の中でも特にこの季節におすすめしたい、とっておきの逸品をご紹介します!
台湾パイン

水信セレクトは一味違う!
人気急上昇で大注目の「台湾パイン」

気軽に食べられるメジャーな輸入フルーツの一つ、パイナップル。日本に入ってくるパイナップルのほとんどはフィリピン産ですが、ごくわずかに輸入されているのが、今回ご紹介する「台湾産」です。
実は近年、その美味しさから注目が高まり、台湾パイナップルの人気が急上昇しているのをご存知ですか?

台湾パイン

とにかく甘〜い、木熟のパイナップル

台湾パイナップルの魅力は、なんといっても魅惑的なその甘さ。木熟して出荷されるので、酸味が少なく糖度が高くて、とっても甘みを強く感じられます。

また、一般的にパイナップルは芯の部分が固くて食べられませんが、台湾のものは芯の部分も比較的柔らかくて甘みがあり、食べることができます。

旬は4月〜6月と短いので、ぜひタイミングを逃さずに食べてみてください!

横浜水信の台湾パイナップル カット

今シーズン水信がおすすめする「DOHOパイン」

今年は、台湾産パイナップルの大きなマーケットだった中国への出荷がストップしている影響もあり、日本への輸出が増えて、いろいろなお店で台湾産パイナップルを見かけるようになりました。

中でも、水信バイヤーが自信を持ってセレクトするのが「DOHOパイン」です。
DOHO=道法の意味で、道法正徳さんが生んだ独自の自然農法の農産物につけられている名称。農薬だけでなく肥料も使用せず、枝を縛り垂直に立てることで、植物ホルモンを活性化させ、収穫量と味をよくする農法です。
このDOHOパインは、通常のパインと品種も同じですが、通常の糖度が12.8度なのに対し、なんと18.8度という驚異的な甘さ!なんです。

自然環境に配慮した、この「DOHO STYLE」という栽培方法は、現代に必要とされるSDGs=持続可能な開発目標にも合致した、これからの新しい農業のスタイルとして、水信も大注目しています。
「台湾産パイナップル」を選ぶなら、ぜひ水信バイヤー一押しの「DOHOパイン」で、“驚きの甘さ”の感動を味わってみてください!

台湾パイン
台湾パイン
¥2,160  (税込)