季節のおすすめ!
旬なフルーツ

Seasonal recommendation

水信オンラインショップの取り扱い商品の中でも特にこの季節におすすめしたい、とっておきの逸品をご紹介します!
西表島パイン

ぎりぎりまで畑で完熟させた、感激の味わい!
本当に美味しい採れたてパイン

亜熱帯の大自然が残る島として知られている沖縄県の西表島。農園ファイミールを営む池村さん親子が育てる評判のピーチパインを、水信のためにギリギリまで畑で完熟させて出荷してもらいました。
他で味わうことのできない「特別なパイナップル」をお届けします!

西表島 池村さんの畑のピーチパイン

桃に似た芳醇な香りとクリーミーな甘さの沖縄産の新品種「ピーチパイン」

「ピーチパイン」は、沖縄で1999年に生まれた、比較的新しい品種の国産パイン。
ソフトタッチという品種名で、桃のような芳香がすることから「ピーチパイン」という名で流通しています。小ぶりで果肉は白く、食感がソフトでクリーミーな甘さがするところから、「ミルクパイン」とも呼ばれています。
栽培の難しさや手間がかかることから、生産者が減っているというピーチパイン。完熟で味わう貴重なピーチパインは、ぜひ味わっていただきたい特別な美味しさです。

西表島パイン

池村さんのパイナップルが特別に美味しい理由とは

池村さんのパイナップルの美味しさの理由は、なんと言っても「完熟」での出荷だから。パインが苦手な人は、理由として「舌がピリピリする、酸っぱい」という方が多いのですが、これは未熟なまま収穫することが原因です。完熟のパインは、甘さも香りも果汁の豊富さも段違い。いくらでも食べられる美味しさです。

さらに、池村さんの農園では、農薬や除草剤を極力使わずに土に潜む微生物たちの力を最大限に生かす栽培方法をとっています。手間をかけて草取りをして、作物にいちばん良い環境を作ることで、美味しいパイナップルを実らせているのです。
農薬で島を汚したくない、美しい自然環境を守りたいという池村さん。その思いが、栽培方法にも反映されています。

これからが国産パインの旬! 最高に味ののった完熟品をぜひお召し上がりください

パイナップルは収穫すると、そこからは糖度が上がりません。だから、皮が赤く色づいて糖度がいちばん高くなった、パイナップルのもっとも美味しいタイミングで収穫しています。
ただし、糖度が高すぎると、一週間ほどで身が黒くなってきてしまうため、届いたらできるだけ早くお召し上がりください。

池村さんの農園では、ピーチパインのほかにも、ボゴール(スナックパイン)やゴールドバレル、サンドルチェといったいろいろな品種を生産しています。
これからが、国産パインの旬! 池村さんのほかの品種も続々登場しますので、ぜひパイナップルの本当の美味しさをご堪能ください。

西表島パイン
西表島パインA
¥3,240  (税込)


西表島パインB
¥4,860  (税込)