季節のおすすめ!
旬なフルーツ

Seasonal recommendation

水信オンラインショップの取り扱い商品の中でも特にこの季節におすすめしたい、とっておきの逸品をご紹介します!

愛媛 樋口さんの愛果

柑橘の美味しい時期になりました。12月からの時期は「みかん」が出荷のメインになりますが、最近人気のタンゴール種(みかんとオレンジを交配した柑橘)でこの時期から出回るのが「愛果」です。今回は愛媛県で生まれたオリジナル品種「愛果(あいか)」についてご紹介します。

愛果

「愛果」は高級柑橘「紅まどんな」の品種名

近年高級柑橘として人気のある愛媛生まれの「紅まどんな」。
じつは「紅まどんな」というのはブランド名称で、品種名は「愛媛果試第28号」、通称で「愛果」と呼ばれています。つまり、今回ご紹介する「愛果」は、紅まどんなと同じ品種の柑橘です。

愛媛生まれのオリジナル品種「愛果」は、「南香(なんこう)」と「天草(あまくさ)」という品種の掛け合わせで生まれた柑橘品種で、12月頃に出荷できる早熟のタンゴール種(みかんとオレンジを交配した柑橘)です。

「紅まどんな」は、愛果の中でも厳しい品質基準にクリアした、JA愛媛のブランド柑橘。糖度10.5度以上、酸度1.2%未満で、外皮のきれいな厳選されたものだけが「紅まどんな」として出荷されています。値段が高いため、主に贈答用として購入される方が多い、高級柑橘です。

愛果

「紅まどんな」の美味しさを
お手頃に楽しめる「愛果」

では、「紅まどんな」に比べて、愛果は味が劣るのかというと、そんなことはありません。
サイズが規定外だったり、皮にちょっと傷がついてたり、見た目で外れてしまうものは、味はまったく「紅まどんな」と遜色ない美味しさで、糖度や酸度の基準もクリアもしくは上回っているものも多いのです。
確かに、見た目のキズや形、大きさはご贈答用として重要なポイントですが、ご家庭で食べる分には問題はありません。

気軽に食べるにはちょっと値の張る高級柑橘「紅まどんな」と同じ美味しさを、「愛果」ならお手頃に楽しんでいただけます。

愛果(紅まどんな)

柔らかくてジューシー
ゼリーのような柑橘「愛果」

手に持つと弾力が感じられる程、果皮が薄くて柔らかな愛果。
じょうのう(内皮)も薄く、ゼリーのようなやわらかい果肉には、果汁たっぷりつまっていて、プルプルの食感から「樹になるゼリー」とも言われています。

味は、糖度が高く酸味が弱いので、ジューシーな甘い果汁が口一杯に広がって、爽やかな甘さに虜になる、本当に美味しい柑橘です。柑橘の中で一番好き!というお声が多いのもうなずけます。

外皮は薄く果肉にピッタリとくっついているので、オレンジのように櫛形にカットしてお召し上がりいただくのがオススメです。

愛媛県の生産者 樋口さんの愛果は
バイヤーお墨付き!

今年の「愛果」は、愛媛県の砥部町の生産者、樋口さんのもの。
樋口さんと水信は長いお付き合いで、愛媛のさまざまな農作物をご紹介いただいています。

先日、出荷シーズン前にバイヤーが現地を訪問して、樋口さんの畑の愛果の出来をしっかり確認してきました。
水信では、生産者さんを限定し、出荷基準のラインをしっかり確認することで、味ムラのない品質の安定した果物をお届けしています。

陽の光をいっぱいに浴びてきれいに色づいた「愛果」。食味も最高の味わいに仕上がっています。
今まで「愛果」に馴染みのなかったという方も、今シーズンは樋口さんの「愛果」を、ぜひご家庭でたっぷりと味わってください。

愛果(紅まどんな)
¥3,780   (税込)